名古屋発!東海地方の観光イベント情報

名古屋市と東海地方の愛知県,岐阜県,三重県,長野県の観光情報を発信しています。

*

知立まつり2016スケジュール 屋台も堪能私の感想

      2016/05/10

知立まつり6

愛知県知立市(ちりゅう)にある知立神社

その祭礼である【知立まつり】が、2016年5月2日(月)、3日(火)に行われました。

 

 

 

知立まつり1

知立祭りの歴史は古く、なんでも江戸時代から続いているそうです。

上の写真は、知立城跡(左側石碑がある方)の前を山車が通る様子。

山車は、町内の五つの車庫から、それぞれ出発。

私は、知立城を通る山車を追ってみました。

たくさんの見物客と、約5トン・高さ7メートルもある山車が、神舞(かんまい)といわれる囃子(はやし)に合わせ、旧道などを移動する光景は一見の価値あり。

 

 

 

知立まつり3

知立名物【大あんまき】といえば、国道1号線沿いに大きく店を構える藤田屋さんが有名ですが、

地元の知人曰く、上の写真の【銃砲】という看板が目印の小松屋さんが古くからやっているんだとか。

 

 

 

 

知立まつり5

知立神社前の道路。

向きを変えたりすると、そのつどお客さんから、拍手や歓声があがっていました。

 

 

知立まつり2

知立神社に勢ぞろいした5つの山車。

一年おきに、本祭りと間祭りが行われ、2016年は、本祭りの年。

 

 

知立まつり7

見所は、山車の台上で、奉納上演される人形浄瑠璃芝居(にんぎょうじょうるりしばい)の、【山車文楽】と【からくり】です。

山車の上で【文楽】を行うのは、なんと知立だけで、国指定重要無形民族文化財に指定されています。

 

そうそう、知立祭りは、屋台もたくさん出ていて、お祭り大好きな私は、賑わう屋台を見ているだけでテンションあがります。

 

知立神社へのアクセスですが、通常ですと駐車場があるので、車が便利だけど、お祭りの日は、大変混雑して、駐車場にも入れませんので、電車が便利。

電車ですと、名鉄本線【知立】駅から徒歩約12分。

詳細はこちらからチェック⇒知立市観光協会公式サイト

 - 愛知県