名古屋発!東海地方の観光イベント情報

名古屋市と東海地方の愛知県,岐阜県,三重県,長野県の観光情報を発信しています。

*

なばなの里 イルミネーション 2016~2017

      2017/02/13

3001

今年もなばなの里イルミネーションの時期がやってきました。

 

開催期間は、2016年10月15日(土)から2017年5月7日(日)まで。

私も待ちに待っていたイベントのひとつです。

 

 

日本最大級のイルミイベント

なばなの里イルミネーションは、三重県桑名市長島町にある、なばなの里で行われるイベント。

 

日本最大級のイルミイベントともいわれ、2013年度は世界遺産に登録された富士山がイルミで再現されました。

東海圏内だけでなく、関東や関西、九州地方まで注目を集め、その素晴らしいイルミを見ようと全国からたくさんの観光客が訪れます。

見所は、定番の水上イルミや、光のトンネル、光の雲海、ツインツリー、そして新テーマのナイアガラ。

 

 

感動のウィンターイルミを見たい!!

と人気なのもうなずけますが、気になるのはは、混雑情報と料金。
 渋滞をさけるには!

毎年この季節は渋滞なのがネック。

少しでも渋滞を避けたい方は、平日19時以降がオススメ。

土日なら、15時前には入場しておく必要があります。

なぜならば、通常の土日は当然夕方から混雑しますし、指定されている特定日の15時から19時は、なばなの里専用の無料駐車場に入ることができません。

※特定日はこちらからチェック⇒なばなの里公式サイト特定日情報

しかし、15時前に入ると、ライトアップまで2時間以上待たなければいけませんが、初めての方は、ゆっくりと園内を楽しめるのでオススメです。

冬場は当然寒さとの戦いでもあります。渋滞を避けて、温泉もあるのでゆっくりと浸かるのも手ですね。

特定日でも、19時以降ならなばなの里専用の駐車場もオッケイになるので、デートでイルミだけを単純に楽しみたいという方は、19時以降をオススメします。

どちらにしても大人気のなばなの里ウィンターイルミですので、イライラしないためにも、時間に余裕を持ってお出かけしてください。

 

 

 

 

なばなの里 ウィンターイルミネーション 冬華の競演 料金

料金は2,300円(小学生未満無料)

2,100円の中に、なばなの里で使える1,000円分の金券がついています。一部使えない箇所(アイランド富士や花市場)もありますが、レストランやベゴニアガーデンなどほとんど利用可能。お食事やショッピングと楽しめます。

 

あとひとつオススメしたいのは、前売り券を手に入れていくこと!!

混雑時、チケット売り場で列に並び、入場するのにも更に並ばなくてはいけないので、前売りチケットを持っていると、入場ゲートだけの列に行けばいいのでスムーズです。

チケットは湾岸長島パーキングエリア、サークルK サンクス セブンイレブンで購入可能。

※詳細はこちらからチェック⇒なばなの里公式サイト前売り券発売情報

 

※ウィンターイルミに行ってきました!ブログはこちら

 

 

最後にアクセスですが、電車の場合、近鉄電車などで行く方法もありますが、名古屋駅からだと、名鉄バスセンターから約30分(ウィンターイルミ時期は例外)で行ける直通バスが出ています。※直行バス情報はこちら⇒なばなの里公式サイト直通バス情報

車の場合、湾岸長島インター、長島インターおりて、15分くらい。(ウィンターイルミ時期は別)

 

※詳しくはこちらからチェック!⇒なばなの里 ウィンターイルミネーション公式サイト

 

 

 

 

 

 - 三重県 , , , ,