名古屋発!東海地方の観光イベント情報

名古屋市と東海地方の愛知県,岐阜県,三重県,長野県の観光情報を発信しています。

*

名古屋まつり2017の無料開放施設はこれ!

      2017/04/21

名古屋まつり1

愛知県名古屋市最大のお祭りともいえる名古屋まつり。

2017年は10月21日(土)、22日(日)に開催されます。

 

去年はなんと、ディズニーパレードがありました。

開園15周年の【東京ディズニーシー】から、ミッキー&ミニーなどのディズニーの仲間たちが、なんと、名古屋祭りのパレードに参加され、大盛況でした。

 

 

名古屋まつりには、嬉しい特徴があります。

それは日曜日には名古屋市内のいくつかの観光施設が無料開放されるというもの!

これは毎年行われていますが、その年によって微妙に無料開放施設が違っています。

ちなみに平成27年(2015)の名古屋まつりの無料開放施設は以下の通りで、2016年も同じようです。

 

 

■無料開放施設(日曜日)

・名古屋城

・徳川園

・白鳥庭園

・東山動植物園

・東山スカイタワー

・東谷山フルーツパーク

・でんきの科学館

・名古屋市博物館(常設展)

・名古屋市美術館(常設展)

・揚輝荘

・トヨタ産業技術記念館

・文化のみち二葉館

・文化のみち橦木館

 

■割引施設(日曜日)

・トヨタ産業技術記念館(名古屋まつりガイドブック提示)

・ノリタケの森(クラフトセンター・ノリタケミュージアム)(名古屋まつりガイドブック提示)

・名古屋市科学館(名古屋まつりガイドブック提示)

 

 

 

これを見るとかなりのボリュ-ムですね。

名古屋城など通常は入場料が¥500必要ですが、この日は無料!

お祭りを見物しつつ、お目当ての観光地をチェックするのが名古屋まつりの楽しみのひとつでもありますね。

でも?

これだけのボリュ-ムがあると、いろんな観光地に飛び回らなければいけません。

そんな時に知っておきたいアイテムがあります。

 

 

 

地下鉄・市バスのフリ―パス ドニチエコきっぷ

555
それがドニチエコきっぷ。

これは名古屋市営地下鉄と市バスが一日乗り放になるというフリ―パス券。

これが一枚あれば、地下鉄も市バスも自由に移動できます。

お値段は大人¥600。

私も日曜日に名古屋に買い物に行ったりプチ観光する時は、このドニチエコきっぷをよく利用します。

例えば名古屋駅から名古屋城最寄り駅の市役所駅までだと片道で¥240。

往復で¥480。

もうひとつ移動場所を追加して名古屋駅に戻るとなると、軽く¥600を越えてしまいます。

でもこのドニチエコきっぷがあれば、地下鉄も自由に乗れるので安心です。

駅の構内の自販機や改札口で販売しているので、是非、チェックしたい一枚ですね。

ドニチエコきっぷについての詳細はこちら

 

 

お祭り見学や無料施設開放で、楽しみ倍増の名古屋まつり。

あなたも是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

名古屋まつりの詳細については公式サイトからチェックしてみてください。

こちら ⇒ 名古屋まつり公式サイト

 

 - 名古屋市 , , , ,