名古屋発!東海地方の観光イベント情報

名古屋市と東海地方の愛知県,岐阜県,三重県,長野県の観光情報を発信しています。

*

バラまつり2017 in可児 花フェスタ記念公園

      2017/05/24

バラ可児花フェスタ 

 

岐阜県可児市にある花フェスタ記念公園の【春のバラまつり】

 

2017年の開催期間はというと、

5月13日(土)から、6月18日(日)です。

開園時間は、平日は9時から17時。土日は、8時から18時までです。

(入園料は期間中は、1,000円)

 

開催期間中さまざまなイベントが開催されます。

 

見所は、はなんといっても数と種類。

約7000もの種類のバラが、園内に咲き誇っています。

 

私の体験談

夕方に行ったら、たまたま花火があると聞き、ナイトバラガーデンも楽しむことができました。

夏の風物詩のひとつである花火がいち早く味わえ、しかもバラ園での花火は、なんともステキな時間でした。

そうそう、熱気球体験も怖かったけど楽しかったです。

このように、毎年思考を凝らしたイベントが用意されていて、いつ行っても飽きることはありません。

 

 

バラ

突然ですが、あなたはお花の妖精を信じますか??

こないだ、なばなの里のチューリップまつりに行って、妖精はやっぱりいる!!って確信しました。

お花に囲まれていると、自然に笑顔になってるし、不思議と忘れかけていた優しい心が芽生えてきます。いつもはイライラしてしまうことでも、穏やかな気持ちでいられます。

それを照明してくれるのは写真。

お花と一緒だと、自然な笑顔になっています。

写真の笑顔は自分でいうのもなんですが、とても嬉しそうに微笑んでいます。やっぱり、きっとお花の妖精たちがいたのでしょうね。

 

 

ところで、会場である【花フェスタ記念公園】とは、平成7年に開催された花の博覧会【花フェスタぎふ】の会場を岐阜県が再整備して、平成8年にオープンした公園。

なので、ものすごく広く、きちんと整備されているのが特長です。

 

花フェスタ記念公園のアクセスですが、東海環状自動車道【可児御嵩(かにみたけ)】インターから車で約5分。

約1,700台駐車可能な東西ふたつの無料駐車場もあるので、安心ですが、土日は特に混みますので、余裕をもってお出かけください。

電車ですと、名鉄広見線【新可児】駅・JR太多線【可児】駅ともにバスで約15分。日にち限定ですが、無料シャトルバスもでていたり、名古屋駅からだと名鉄バスセンターからお得なバスと入園料のセットもあるので、下記の公式ホームページでチェックしてね!

 

 

公式サイトでは、お花の現在の様子など見ごろ情報なども載っています。

※イベント詳細は→→花フェスタ記念公園公式サイト

 - 岐阜県 , ,