名古屋発!東海地方の観光イベント情報

名古屋市と東海地方の愛知県,岐阜県,三重県,長野県の観光情報を発信しています。

*

豊田おいでんまつり2016 花火大会は7月31日

      2016/04/22

東海地区最大級と言われる豊田おいでんまつり花火大会は、2016年7月31日(日)19時10分から21時まで矢作川河畔・白浜公園一帯で開催されます。

豊田おいでんまつり

豊田おいでんまつりは今年で48回目。

市民にも愛されて続けている花火大会の魅力は、なんといっても創作花火やスターマインなどが最初からバンバン打ち上げられること。

さらに手筒花火も迫力満点。花火と音楽を合わせたメロディ花火も人気ですが、やっぱりフィナーレのワイルドスターマインと地上30メートルからのナイアガラは毎年多くの観光客を魅了します。

 

私のオススメ穴場スポットとして、駅前と反対の川(スタジアム)側から見る花火も綺麗ですよ!!

豊田おいでんまつりは、花火大会で東海地方で知られていますが、市民が中心となって行われる踊りも外せません。

「おいでん みりん おどろまい……」

の曲に合わせて踊ります。

6月中旬ごろ(2016年は、6月18日から7月17日まで)から各地域で予選が行われ、おまつり当日(7月30日)ファイナルステージがあり、会場一帯となって盛り上がります。

 

※詳細はこちらからチェックしてね!⇒豊田おいでんまつり公式サイト

 

※豊田おいでんまつり【おいでんディスコ調】の分かりやすい振り付け動画はこちら

↓↓

 

アクセスですが、

名鉄【豊田市】駅または、愛知環状鉄道【新豊田】駅徒歩約10分。

 

車の場合、有料と無料の駐車場がありますので、上の公式サイトからチェックしてね!どちらもとにかく混み合うので、時間に余裕をもってお出かけ下さい。

 

私の苦い体験ですが、初めておいでんの花火を見に行った時は車でした。

繁華街の立体駐車場の有料のパーキングに止めたのですが、ものすごい渋滞で、帰りその立駐から出るのに、3時間もかかったことがあります。帰りのことを考えて、少し離れた駐車場に止めた方がいいと思います。

そんな苦い経験した豊田のおいでんまつりの花火大会ですが、感動的な花火が多いので、それからは電車で行くようにしています。

電車もすごく混むけど、少し時間をずらして乗ったら、わりとスムーズにいくので楽しめますよ。

 

 - 愛知県 , , , ,