名古屋発!東海地方の観光イベント情報

名古屋市と東海地方の愛知県,岐阜県,三重県,長野県の観光情報を発信しています。

*

日本大正村 ちょっとおんさい 光秀まつり 

      2016/04/22

mituhide1

2016年5月3日~5日に岐阜県恵那市で、【ちょっとおんさい祭り】が開催されます。

日本大正村広場・南北街道各所で、チンドン屋や紙芝居など昔懐かしいイベントやバザー開催され、まるで大正時代に戻ったような雰囲気が味わえるのが特徴です。

日本大正村は、市街地の一部が大正時代の建物が並んでいて、基本的に入場料を払わなくてもその町並みを楽しめます。

また、有料施設(大正村資料館・大正ロマン館・大正時代館・おもちゃ館)のセット券が、大人500円で購入でき(ひとつの館は200円から300円)、建物の中に入ることもできます。

 

3日間開催される【おんさいまつり】ですが、私のオススメは5月3日に行われる【光秀まつり】。

恵那市明智町出身と言われる戦国武将・明智光秀が主役のお祭り。地元の小学生などが武将やお姫様に扮する時代行列と、迫力満点の鉄砲隊演武などがあります。

 

mituhide2

2014年までは、元Winkの相田翔子さんのお母様でもある女優・司葉子さんは、毎年村長として来村されお祭りを盛り上げてくれます。2015年から、女優・竹下景子さんが村長に就任されました。

大正村ののどかな雰囲気が好きなので、毎年行っているのですが、行くたびに?って思えることがふたつありました。

まずは【おんさい】という言葉の意味。

初めて聞いた【おんさい】??なんだろう……と思ったので、2回目に訪れたとき、地元の方に勇気を持って【おんさい】ってどういう意味ですか?って聞いてみると、簡単に言うと【おいでなさい】がなまったものなんだとか。

もうひとつの疑問点は、おんさい祭りと光秀まつりが分かれているのと、回数が違うこと。これも聞いてみたのですが、ほとんどの方が何でだろう?でした。

私の予想では、おそらく、光秀まつりが最初に開催されていて、それに大正村のお祭りもプラスしていったのではないでしょうか?

今度訪れたら、関係者を探して聞いてみたいと思います。

 

新緑が美しい季節に行われるこのお祭り。

大正時代を代表する着物の矢絣(やがすり)と袴レンタル(有料)もありますので、忙しい現代からタイムスリップして、大正時代にどっぷりと浸ってみてはいかがでしょうか?

 

アクセスなど

詳しくは、恵那市観光協会公式サイト 日本大正村の公式サイト からチェックしてみてください!!

 

 - 岐阜県