名古屋発!東海地方の観光イベント情報

名古屋市と東海地方の愛知県,岐阜県,三重県,長野県の観光情報を発信しています。

*

新城花火2016 有料観覧席と注意点

   

新城花火1

 

夏本番で、週末にはどこかで花火が打ち上げられている季節ですね。

愛知県の東三河地区で人気の新城(しんしろ)納涼花火大会。

2016年は、8月13日(土)に開催されます。

新城花火大会は、有料観覧席がオススメ。人ごみの中で見上げる花火もいいですが、ゆったりと席について、眺める花火も最高です。迫力のある音と光が、目、耳、そして、体中で感じることができます。

新城花火大会の有料観覧席は、豊川を挟んで2箇所あります。

ひとつは、市役所、文化会館、新城中学方面の豊川川岸階段席

豊川川岸階段席は、入船地区(右岸側)から対岸の仕掛け花火が正面で見える最高のスポットとされています。

限定200席で、観覧料金は、一人2,000円。

 

もうひとつは、豊橋や、東栄方面側の、庭野グランド観覧席

庭野グランド観覧席は、エリア内に、飲食販売場所があるので、すぐに飲み物やおつまみが購入できるので便利です。また、打ち上げ場所に一番近いので、頭上で花火の光と音を体感でき、迫力満点。

限定400席で、観覧料金は、一人1,000円。小学生以下は無料なので、毎年人気の有料席。

 

 

どちらも、新城市観光協会、ピアゴ新城店、道の駅もっくる新城、観光案内所で販売されています。(庭野グランド観覧席は、精文館書店豊橋本店でも販売)

さらに、グランド観覧席内に、丸テーブルひとつと、椅子4つ、駐車場1台付き、飲食テントで使える1,000円分の金券付きのファミリー席(限定30組 一組6,000円)や、

丸テーブルひとつと、椅子ふたつ、駐車場1台、飲食テントで使える金券500円付きのカップル席(限定10組 一組4,000円)も、毎年人気なんだとか。

駐車場付きなのが、すごくいいですよね!こちらは、新城市観光協会で購入できます。

 

 

このふたつの席の注意点ですが、豊川を結ぶ橋である笠岩橋は、花火終了時まで通れなくなります。混雑を避けて、駐車場場所に早く戻る方は、駐車場側から見ないと、迂回して帰らなくてはならなくなりますので注意してください。

 

※詳細はこちらからチェック⇒新城市観光協会公式サイト

 

 - 愛知県